1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2017年09月 次月>>

2月25日に文芸春秋からか開高健 写真 青柳陽一の「河は眠らない」と言う本が出ハ版されました、アラスカのキーナイリバーで撮影された美しい写真と開高健のエッセイも素晴らしい男のロマンと人間の生き様酒の話や釣りと人生などが書かれた本で¥1800で売られ始めた、青柳デザインのナイフも写真に載っています、是非この本をお勧めしますので、お買いになって下さい。



| ナイフ | 02:09 PM | trackback (x) |
すっかり秋らしくなったパリのナイフショーから昨夜帰りました、やはり、ヨーロッパ最大のナイフショーは、とても素晴らしかった。



| ナイフ | 05:16 PM | trackback (x) |
8月9日にコレクターであり、JKGの設立以来、ナイフ文化の発展や国内のナイフメーカーや海外のメーカーなどに多大な尽力をなさり、JKGの会長もお勤めになりました、鈴木眞様が御逝去なされました、ここに深く御冥福をお祈り致します。

| ナイフ | 12:42 PM | trackback (x) |
暑い日が続きます、明後日は、鰻の日である、昔から暑さを乗り切る為に精力をつける鰻の日つまり、土用の丑だ、先日報道された中国鰻を偽装して、日本製と偽った事件があったが、味はププロでも解らないそうである、廃棄処分にするのは、誠にもったいない話である、しかし、嘘はいけません、近くのコンビニで安い鰻弁当でも食べようか、と思っているナイフ屋のたわごとです。

| ナイフ | 12:06 PM | trackback (x) |
安来市の刃物祭りアンドナイフショーの会場裏でムラゲ(玉鋼を作る時の工場長)の木原さんが指導してくれて、僅かな玉鋼が出来た、立ちふいごを参加者と玉鋼を木原さんと作っているスタッフの協力で日本刀の原料になる玉鋼です、参加した人達に配られましたが、来年の安来刃物アンドナイフショーにはその玉鋼で切り出しなどを作り来年のショーでお披露目します、といってたナイフメーカーも居ました、おりしも洞爺湖サミットが開催されてる緊張感の有る中なぜか、ほっとするような話題であります。

| ナイフ | 12:17 PM | trackback (x) |
PAGE TOP ↑